【備忘録】国のコロナ対策(緊急事態宣言&まん延防止措置)が実施された都道府県と期間

こんにちは、コジです。皆さん、健やかにお過ごしですか?

私は、3度目の緊急事態宣言発令の影響で仕事がまた一斉にキャンセルとなり、ただいま無職同然にてゆっくり静養中です。更年期障害なのか、今ちょうど若干体調を崩しているので、いい機会だと割り切って体を整えたいと思います。

さて、皆さん、緊急事態宣言がいつごろ、どこに出されたかどこが先に解除され、どこが後から追加されたのか、はっきり覚えていますか? 途中で延長されたり、都道府県の追加があったり、前倒しで解除されたりと、結構込み入っていますから、もしかしたらあいまいになっているのではないかと思います。

私も、あれっ、最初の緊急事態宣言っていつだっけ? それってどのぐらい続いたんだっけ?と、既に記憶が定かでなく、どの時期にどんな対応をしたのか整合性がとれなくなってきたので、とりあえずここで調べられる分だけまとめて記録しておこうと思った次第です。

県独自の宣言なんかを加えていくと複雑になり過ぎるので、とにもかくにも国の緊急事態宣言発令まん延防止重点措置のみですし、それぞれの時期に要請された対策の違いなんかはすっ飛ばしています。もちろん、その対応が正しかったかどうか、効果があったかなんてことも問題にしていません。

ただひたすら備忘のための記録なのですが、でも、今回私はそれを簡潔に知りたくていろいろググったのに全然見つからなかったので、これはぜひ自力で書き留めておくべしと思ったわけです。

以下、今回のコロナ禍に伴う国の緊急事態宣言とまん延防止重点措置の実施記録です。

緊急事態宣言

1回目(2020年4月7日~)

2020年4月7日~5月6日  東京、神奈川、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、福岡

2020年4月16日~5月6日  全国に拡大

→ 5月31日まで延長決定

→ 前倒しで、

5月14日解除…39県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、北海道以外)

5月21日解除…大阪、兵庫、京都

5月25日解除…東京、神奈川、埼玉、千葉、北海道 <全面解除>

2回目(2021年1月8日~)

2021年1月8日~2月7日  東京、神奈川、埼玉、千葉

2021年1月14日~2月7日  栃木、岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡 追加

→ 2月7日解除…栃木のみ(ほかは3月7日まで延長決定)

→ 前倒しで、

3月1日解除…岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡

(東京、神奈川、埼玉、千葉は3月21日まで延長決定)

→ 3月21日解除…東京、神奈川、埼玉、千葉 <全面解除>

3回目(2021年4月25日~)

2021年4月25日~5月11日  東京、京都、大阪、兵庫

→ 5月31日まで延長決定

→ 6月20日まで延長決定

2021年5月12日~5月31日  愛知、福岡 追加

→ 6月20日まで延長決定

2021年5月16日~5月31日  北海道、岡山、広島 追加

→ 6月20日まで延長決定

2021年5月23日~6月20日  沖縄 追加

(2021年5月30日現在)

まん延防止等重点措置

2021年4月12日~(5月23日から緊急事態宣言へ) 沖縄

2021年4月20日~6月20日(継続中) 埼玉、千葉、神奈川

2021年4月25日~5月22日解除 愛媛

2021年5月9日~6月20日(継続中) 岐阜、三重

2021年5月9日~(5月16日から緊急事態宣言へ) 北海道

2021年5月16日~6月13日解除 群馬、石川、熊本

(2021年6月11日現在)

さいごに

この情報は、私がネットで調べた限りなので、詳細には間違っている部分があるかもしれません。変更が加えられるたびに加筆していくつもりでいますし、もし誤りを発見したら直さないといけないなとは思っていますが、ひとまず取り急ぎ書き出したものとお思いください。

今振り返ると、1回目のときなんて、まだ全然あんなに街中から人が消えるほどの状況ではなかったのにな~と思ってしまいます。しかも、全く陽性者が出ていない県まで含めて全国に緊急事態宣言を出していましたよね。それに加えて、テレビのワイドショーなんかでは恐怖をあおりまくっていました。事態を俯瞰して合理的に対策をとっていくというのは本当に難しいことですね。

そして、2回目と3回目の間が非常に短かかった! 東京なんて、1カ月だけの解除期間でまた突入です。そりゃあ緊張感がなくなるのも無理ないよねという気がしてしまいます。ただし、今度は変異株に置き換わってきていますから、前回と同じように行動していたらかなりまずいのでしょうね。

そんなこんなでここまでやってきたわけですが、私たち日本国民は本当~によく頑張っていると思います。なかなか間々ならない日々ですが、私たちがこのスタンスを保ち、粛々と、淡々と、変わりゆく事態に対応しながらなすべきことをなしていたら、そのうちぽかっと暗いトンネルから出る日が来ます

トンネルの中は暗いですから、ちょっとでも情報が欲しくなります。ただ、最近のニュースは、コロナ×五輪×ワクチンが主なホットトピックで、それに恐怖と不安で味つけをする感じになっているので、そんな考え方もあるんだなと受け止める分にはいいですが、そこばかりに目を奪われ、むやみに没入して自分から不安の渦に巻き込まれ、墓穴を掘らないよう気をつけたいものです。

第一に自分の手元・足元を見て、一歩一歩ゆっくりと、少しでも楽しいこと、嬉しいこと、ありがたいことを見つけながら毎日を暮らしてまいりましょう。そのほうが免疫もアップしそうですよね。

私も、腹が立つとき、不安の波に襲われるときがありますが、ちょっとその場から離れてみると、花や木や鳥、そよ風や太陽や雨に励まされるように思います。ちょうど今はどこも花がきれいに咲いていて、人に育ててもらっている立派な花だけでなく、山に自生する花も、道端の雑草のような小さな花も、頑張っていて勇気づけられます。

何年かの後、コロナ禍を忘れたころ、あー、あのときは大変だったなぁ。でも、あれを通り越して今があるんだなぁ。あれがなかったら今のような幸福はなかったろうなと感慨深く振り返るときのために、この記録を残しました。

一刻も早い、できるだけソフトランディングでのコロナ収束を心から祈りつつ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする